ニュース
» 2018年04月26日 08時41分 公開

テレビ×ネット+OOH:電通、広告統合プランニング・効果検証ツール「STADIA OOHプラス」(β版)を開発

電通は、テレビ広告とインターネット広告の統合プランニングを実現する「STADIA」の機能を拡張し、OOH(屋外・交通)広告をも統合するツール「STADIA OOHプラス」(β版)を開発した。

[ITmedia マーケティング]

関連キーワード

広告 | 電通 | β版 | マーケティング


 電通は、統合マーケティングフレームワーク「People Driven Marketing」の強化に向けて、マスとデジタルにおける広告の相乗効果を最大化する統合マーケティングプラットフォーム「STADIA(スタジア)」の機能を拡張し、OOH(屋外・交通)広告をも統合するツール「STADIA OOHプラス」(β版)を開発した。

 STADIAには2018年4月時点で、テレビ受像機や録画機合計約160万台の実視聴ログデータと約700万台のモバイルデバイスのID、約2000万件のCookie_idにひも付くオーディエンスデータと、約5万人の調査モニターが統合され、人単位の行動計測が可能になっている。これにより、オン/オフラインの広告接触に伴う行動喚起(サイト送客や会員登録など)や認知醸成、興味喚起といった態度変容の効果を検証し、改善施策を導くことができる。また、チャネルをまたいだ統合的な広告プランニングにもSTADIAを活用できる。

テレビとインターネット、OOHをつないでのプランニングと効果検証を実現

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading