ニュース
» 2017年11月22日 16時00分 公開

Inagoraと資本・業務提携:KDDI、ショッピングモール「Wowma!」出店店舗の中国向け越境EC参入をサポート

KDDIは、越境ECプラットフォーム「豌豆 (ワンドウ) プラットフォーム」を運営するInagoraと資本・業務提携したと発表した。

[ITmedia マーケティング]

 KDDIは2017年11月22日、Inagoraと資本・業務提携に関する契約を締結したと発表した。

 KDDIは「auライフデザイン戦略」の注力事業として、総合ショッピングモールサービス「Wowma!(ワウマ)」および自社物販サービス「au WALLET Market」など国内EC事業の強化に取り組んでいる。

 Inagoraは、越境ECプラットフォーム「豌豆(ワンドウ)プラットフォーム」を提供する企業。中国向けに商品情報の制作・翻訳、物流、決済、マーケティング、顧客対応、他チャンネル展開などの全工程を担う。

 今回の提携で両社は、中国市場と日本国内市場への同時進出を可能とする「中国越境・国内ECワンストップソリューション」を、Wowma!および豌豆プラットフォームの出店店舗向けに提供する。これにより、Wowma!の出店店舗は豌豆公主を通じて容易に中国市場への進出が可能となる。また、Inagoraの出店店舗はWowma!内に新たに出店される「WONDERFULL」ストアを通じ、国内ECの展開が可能となる。さらに、豌豆公主の人気商品などをau WALLET Marketで取り扱う。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading