ニュース
» 2015年01月22日 16時16分 UPDATE

京セラコミュニケーションシステムがデジタルマーケティング事業で新ブランド「KANADE」を展開

京セラコミュニケーションシステム(以下、KCCS)は1月22日、デジタルマーケティング事業における新ブランド「KANADE」を展開していくことを発表した。

[ITmedia マーケティング]

 「KANADE」は「企業と消費者に心地よいコミュニケーションを奏でる」をコンセプトにKCCSが提供するデジタルマーケティングサービスの新ブランド。同社では、「企業においてはさまざまな消費者の行動データを分析し、それらのニーズに合わせた細かなマーケティング戦略の実行が求められている」とする。その上で、「KANADE」という新マーケティングブランドを立ち上げ、複雑化するマーケティングオートメーション化の支援を目指す。

kccs01.jpg

 KCCSはこれまで基幹システム、情報システム構築からモバイルシステム構築、データセンター事業などさまざまな事業を手がけてきた。同社が長年培ってきたICT関連技術とデータサイエンスの技術/ノウハウをベースに2011年からデジタルマーケティング分野に参入し、自社開発の広告配信プラットフォーム(DSP)の提供やデータマネジメントプラットフォーム(DMP)の提供を行ってきた。

 今後は「KANADE」ブランドでDSP/DMPをはじめとするサービスを拡充し、デジタルマーケティング事業全体で初年度30億円の売り上げを目指す。

kccs02.jpg

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by