ニュース
» 2013年05月29日 16時30分 UPDATE

ユーザーの声から探る:ビッグデータ・プロジェクトを遮る4つの障壁と、その解決法

IBMが開催したビッグデータ・カンファレンスにおけるユーザーの声を基に、ビッグデータに乗り出した企業が陥りがちな4つのパターンとその解決法を提示している。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

 昨年より話題の「ビッグデータ」だが、実際にビッグデータ用の分析インフラを導入し、ビジネスで活用するには、さまざまな課題があるという。分析スキルやITスキルの問題、分析結果をビジネスに活かすためのファシリテーションスキル、IT部門との調整などが挙げられる。

 2013年5月13日、Enterprise Apps Todayに掲載された記事“4 Barriers to Big Data Success -- and Ways to Overcome Them”(「ビッグデータの成功を阻む4つの障壁――そしてその克服法」)では、IBMが開催したビッグデータ・カンファレンスにおけるユーザーの声を基に、ビッグデータに乗り出した企業が陥りがちな4つのパターンとその解決法を提示している。

 さて、4つの障壁とは何だろうか。同記事によると、

  1. ビッグデータ分析に必要となるスキルの再教育
  2. 最適なビッグデータ分析に向けた明確な投資対効果プランの策定
  3. IT部門とその他事業部門間における文化/コミュニケーション障壁
  4. 新しい非構造化データの統合/実装

を挙げている。以下、これらの課題に対し、どのように対応するのがベストなのかを見ていこう。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Loading

「ITmedia マーケティング」購読一覧