ニュース
» 2013年03月19日 15時17分 UPDATE

ビッグデータ分析基盤:日本オラクル、ビッグデータ分析基盤をソフトバンクグループへ導入――市場動向のリアルタイム分析を実現

日本オラクルは2013年3月14日、ビッグデータ分析基盤をソフトバンクグループに導入したと発表した。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

 導入した製品は、ビッグデータ専用アプライアンス「Oracle Big Data Appliance」、高速分析専用マシン「Oracle Exalytics」、ビッグデータアナリティクス製品「Oracle Endeca Information Discovery」の3製品で、同日よりソフトバンクモバイル、ソフトバンクBB、ソフトバンクテレコムの3社で稼働開始。

 ソフトバンクグループは、特に通信事業やコンテンツサービス事業において、ソーシャルメディアやモバイル端末の普及によって多様化する顧客とのコミュニケーション手段やニーズに合わせ、迅速なサービス展開を実現することを志向していた。

 今回導入したオラクルのビッグデータ分析基盤において、ソーシャルメディア上の非構造型データと、社内基幹システムの構造化データとを連携し、リアルタイムな市場動向の分析を実現。ビジネスの変化と顧客の動向を的確に把握して、迅速な意思決定に役立てるとしている。また、適用範囲を順次拡大させ、すでに導入済みの大規模データベースマシン「Oracle Exadata」と、高速アプリケーション実行基盤「Oracle Exalogic」も活用していく方針だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by