ニュース
» 2012年07月19日 18時21分 UPDATE

個人に最適化された広告配信の実現へ:ブレインパッドとDACが連携、顧客の趣味や嗜好に応じた広告自動生成システム提供開始

ブレインパッドとDACはパーソナル広告配信分野での連携を発表した。顧客の行動履歴を分析し趣味や嗜好に応じたディスプレイ広告を自動生成、配信する「パーソナライズド・レコメンデーション広告」の提供を開始する。

[ITmedia]

 ブレインパッドは7月19日、自社のレコメンデーションエンジン「Rtoaster(アールトースター)」とデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)が提供する次世代型広告配信プラットフォーム「i-Effect(アイエフェクト)」を機能連携させると発表した。この連携により顧客個人の趣味や嗜好に応じた広告クリエイティブの自動生成、広告配信を行う「パーソナライズド・レコメンデーション広告」が提供可能になる。

 パーソナライズド・レコメンデーション広告の仕組みは以下の通りだ。

photo ブレインパッドのプレスリリースより抜粋
  1. パーソナライズド・レコメンデーション広告を採用したWebサイトをユーザーが訪問
  2. Rtoasterのレコメンデーションエンジンがユーザー行動履歴を解析し最適な商品やサービスをシステムが自動的に学習する
  3. 同じユーザーが別Webサイト(広告配信プラットフォームであるi-Effectのパートナーサイト)を訪問した際、1のサイトへ再来訪を促す広告クリエイティブを自動で生成し配信を行う。

 以上の流れから広告主はユーザー行動に基づく最適な広告クリエイティブを配信し、より消費者の嗜好に近いアプローチを取ることが可能となる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Loading

「ITmedia マーケティング」購読一覧