特集
» 2018年05月07日 22時00分 公開

「Adobe Digital Experience Insights 2018」開催:元メジャーリーガーのアドビ システムズ新社長がイベント初登板……ではなく初登壇 (1/2)

アドビ システムズはデジタルマーケティングカンファレンス「Adobe Digital Experience Insights 2018」を開催した。

[織茂洋介,ITmedia マーケティング]

 アドビ システムズは2018年4月26日、デジタルマーケティングカンファレンス「Adobe Digital Experience Insights 2018」を開催。冒頭の基調講演では4月1日に日本法人の新社長に就任したばかりのジェームズ・マクリディ氏が初めて公の場で顔を見せた。

 ボストン出身のマクリディ氏は過去20年にわたってIT業界で活躍してきた。アジアで7年、日本にはそのうち4年の滞在経験があり、今回再び東京に戻ってきたことを喜んでいるという。

 マクリディ氏はIT業界でキャリアをスタートする以前はプロ野球選手だったという異色の経歴の持ち主だ。実際、メジャーリーグのニューヨークメッツとヒューストン・アストロズで計6年間、投手としてプレーしていた。

ジェームズ・マクリディ氏 ジェームズ・マクリディ氏

リチャード・ブランソン氏が「Adobe Summit」で語ったこと

 今回のイベントは、最新のデジタルマーケティングトレンドやテクノロジーなど、2018年3月の「Adobe Summit」で発表された内容を共有するのが趣旨だ。Adobe Summitのテーマは「Make Experience Your Business(エクスペリエンスビジネスの創造)」。2018年はVirgin Groupのリチャード・ブランソン氏が基調講演を行っている。マクリディ氏はその中から、同グループの航空会社であるVirgin Atlantic Airwaysがカスタマーエクスぺリエンス(顧客体験)をベースに差別化してきたエピソードを紹介した。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading