ニュース
» 2017年04月21日 22時30分 UPDATE

見られない広告を排除し広告パフォーマンスを向上:アドフラウド対策で共同商品、インティメート・マージャーとインテグラル・アド・サイエンスが提供

インティメート・マージャーとインテグラル・アド・サイエンスは業務提携し、アドフラウド(不正広告)対策において共同商品の提供を開始したと発表した。

[織茂洋介,ITmedia マーケティング]

 パブリックDMPサービスを提供するインティメート・マージャー(以下、IM)とデジタルメディアの品質評価および広告ベリフィケーション(検証)システムを提供するIntegral Ad Science(以下、IAS)日本法人のインテグラル・アド・サイエンスは業務提携に合意。2017年4月20日、両社の共同商品として「Audience Optimizer for Performance Powered by IAS」の提供を開始したと発表した。

 これは、IASが保有する国際基準の不正インプレッション検知システムとIMが保有するオーディエンスデータおよび広告配信機能を相互に活用して、これまでは検知することができなかった不正なインプレッションを排除するもの。これにより、ユーザーごとの閲覧時間の蓄積が促され、広告パフォーマンスの向上が期待できるという。

インテグラル・アド・サイエンス 代表取締役の藤中太郎氏(左)とインティメート・マージャー代表取締役社長の簗島亮次氏(右)

 bot(プログラム)で水増しされた無効なインプレッションによるアドフラウド(広告詐欺)対策、不適切なメディアへの広告配信の防止(ブランドセーフティ)、広告の視認性の確保(ビューアビリティ)が広告主の大きな課題になっている。

 IASでは1日70億以上のインプレッション測定が可能なビッグデータモデルを構築し、広告の効果計測・検証、最適化、分析まで支援するサービスを提供。世界12カ国のトップ100社のうち80社が同社のサービスを利用し、うち25社は全てのデジタル広告キャンペーンの計測と改善にこれを利用しているという。

 IMは月間4億UBという膨大なデータソースを保有し、国内DMP市場において売り上げ金額別でトップシェア(※1)を誇る。2015年10月にはこのデータを活用して広告効果を悪化させるインプレッション(クリック詐欺やbotによるインプレッション)をあぶり出し、媒体側で配信を除外可能にするサービス「IMフラウドバスター」を提供してきた。

※1. ITR「ITR Market View:マーケティング管理市場 2017」より

従来のアドフラウド対策との違い

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading