ニュース
» 2017年04月17日 18時00分 UPDATE

インターネット広告に「透明性」を:「YouTube」広告のブランドセーフティレポートを提供――IASがGoogleと連携

Integral Ad ScienceはGoogleと協業し、「YouTube」上で展開される広告のブランドセーフティレポートを提供すると発表した。

[ITmedia マーケティング]

 デジタルメディアの品質評価および広告検証システムを提供するグローバル企業のIntegral Ad Science(以下、IAS)はGoogleと協業し、「YouTube」上で展開される広告のブランドセーフティレポートを提供すると発表した。

 自社の広告が適切な掲載面で表示されているかといった、広告掲載面のブランドセーフティは昨今、グローバルレベルでインターネット広告業界の大きな懸念事項になっている。GoogleとIASは広告主に対して、YouTubeで展開される広告が、広告主が求めるブランドセーフティ要件を満たしているか否かの計測データを提供する。

 この取り組みにより広告主は、YouTube上で展開される自社広告のブランドセーフティデータを正確に把握し、広告を取り巻く環境を個別に検証できるようになる。

 IASが提供するソリューションは、米Media Rating Council(MRC)の認定を受けている。ブランドセーフティに関しても、「アダルト」「アルコール」「ギャンブル」「ヘイトスピーチ」「違法ダウンロード」「違法薬物」「不快な表現」の7つのカテゴリーに分類し、計測レポートを通じて広告主が自社のブランドリスクを包括的に理解できるソリューションを提供している。それぞれのリスク基準についても、詳細な規定をカスタマイズできる他、配信地域指定やキーワードブロック、ブラックリストなどをオプションで追加することも可能。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading