連載
» 2016年02月28日 07時00分 UPDATE

【連載】ちょっと気になるWebキャンペーン 第77回:3Dプリンタで「これから5カ月の自分」の分身を作成、やる気を引き出す米フィットネスクラブのキャンペーン

減量・痩身にフィジカル強化。さまざまな目的で多くの人がエクササイズに挑戦するが、なかなか継続は難しい。会員のモチベーション持続のため、あるフィットネスクラブが採用したユニークな施策は?

[中井千尋,Livit Tokyo]

 新年の目標に「ダイエット」や「定期的な運動」を掲げ、フィットネスクラブに通い始めた人も少なからずいるだろう。では、2016年が始まってちょうど2カ月になる現在、その中で1月と同じペースで、引き続きエクササイズを継続できている人はどのくらいいるだろうか。

 米国のフィットネスクラブ「BRICK」によると、新規に登録した会員のうち80%は5カ月以内に姿を現さなくなるという。「トレーニングが思ったよりもきつい」「仕事が忙しくて」など、理由はさまざまだろうが、結局は困難を超えられるほどにはモチベーションが持続しなかったという見方もできる。

 そうした状況を踏まえ、同クラブでは、5カ月以内で完結するフィットネスプランを会員の個別ニーズに合わせて作成している。また、プログラム開始時に、あるものをプレゼントしているという。今回はそれを紹介したい。

「マトリョーシカ」のごとく、だんだんとスリムに

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by