連載
» 2016年02月01日 08時00分 UPDATE

【連載】ちょっと気になるWebキャンペーン 第75回:テロ危機迫るヤバイ街? ブリュッセルの現在を(通りすがりの人に)直接電話で聞いてみよう

パリ同時多発テロ以降、「次の標的」とうわさされ厳戒態勢が敷かれたブリュッセル。観光客の足が遠のく中、街の本当の様子を知ってもらおうと、ユニークなキャンペーンが展開された。

[中井千尋,Livit Tokyo]

 2015年11月13日にパリ市内と郊外のサン=ドニ地区で発生した同時多発テロ。130人の犠牲者を出したこの痛ましい事件は、まだまだ記憶に新しい。そのテロの首謀者がベルギーのブリュッセル出身であり、パリの事件後に逮捕者も出たことから、ブリュッセル市の対テロ警戒水準は最高レベルに引き上げられた。ニュースでは、重武装した兵士が街を警備する“厳戒態勢”の様子が繰り返し紹介され、一気に「ほぼ戦争状態にあるヤバイ街」という印象が世界中に広まってしまった。

 そんなブリュッセルのイメージを回復し観光客を呼び戻すために、同市の観光案内所「visit.brussels」がユニークなキャンペーンを実施した。

「そちらは安全ですか?」に地元の人が答える

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading