ニュース
» 2015年02月17日 08時00分 UPDATE

【連載】データ、データ、データ:「購買データ」と「意識データ」の組み合わせが描き出すリアルな生活者像

データに基づいてメディアをプランニングできる時代が始まった。生活者の「意識データ」と「行動データ」を組み合わせたデータベースでリアルな生活者像を浮き彫りにするアクシバルの動きを追う。

[ITmedia マーケティング]

 広告業界の変化を100メートル走にたとえるなら……と、アクシバルの代表取締役社長 沼田洋一(敬称略)は言った。ランナーが自分でストップウォッチのボタンを押していたのが昔。いまは第三者が計測している。

 「昔」と言っても、10年20年の話ではない。境目は日本で初めてのアドテックが開催された2009年。その頃から企業のマーケティング担当者が自社のプロモーション事例を積極的に開示し始めた。広告プロモーションに関するさまざまな課題も浮き彫りになりつつあった。「企業が広告を届けたい生活者の姿が明確ではない」「出稿した広告の効率性が妥当なのかどうかよく分からない」「広告効果を数値で示すことができない」……。

axival01.jpg アクシバル 代表取締役社長 沼田洋一氏

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by

「ITmedia マーケティング」購読一覧