ニュース
» 2014年10月24日 16時00分 UPDATE

6カ国語に対応:NTTデータ、スマホと双方向通信するソーシャルサイネージソリューションを開発

NTTデータは10月22日、デジタルサイネージの視聴者が、自分のスマートフォンに鮮度の高い多様な情報をサイネージからダウンロードし、外出先など自由な場所で活用できる仕組み「O2OCIAL(オーツーオーシャル)サイネージ」を開発したことを発表した。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

 O2OCIALサイネージは、日本電信電話 サービスエボリューション研究所(以下、NTT EV研)が提供するマルチプレイヤーインタラクティブサイネージ技術「みんブラ」を活用して開発された。これまで一方向通信が主だったデジタルサイネージで、双方向のデバイス間通信を実現し、顧客とのコミュニケーションを促進する手段としてサービス展開を進めているという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by