ニュース
» 2014年06月16日 08時00分 UPDATE

【連載】なぜ進まない? ビッグデータ活用:第1回 現場を知るコンサルタントが伝授する、「データドリブンマーケティング実現のための4つのステップ」 (1/3)

企業のマーケティング現場においてデータ活用は進んでいるのだろうか? 残念ながら答えは否である。本連載では、マーケティングのビッグデータ活用を阻害する要因を浮き彫りにしながら、その現実的な解決策を提示する。

[岡野 遵(おかの じゅん),アイ・エム・ジェイ Marketing & Technology Labs]

コンサルティングサービス提供側から見た現状

 ビッグデータという言葉が一般的になってきている。書店ではデータ分析のノウハウ本や、ビッグデータ関連本の専用コーナーができ、人材採用市場ではデータ分析者(データサイエンティスト)が売り手市場になり、IT業界では大量データを分析できるBIツール(*)の売れ行きがよいなど、大きな盛り上がりを見せている。

 では、企業のマーケティング現場においてデータ活用が進んでいるのかと言えば、実際はそうでもない。確かに、一部の企業では積極的な取り組みをしており、成功事例も挙がりつつあるが、大半の企業は「活用できている」と言える段階まで至っていないのが現状である。

*BIツール:Business Intelligenceツールの略。ERPやDWHなどに保管されている膨大なデータを蓄積/分析/加工し、意思決定に活用できるような形式にまとめるもの


       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by