ニュース
» 2014年02月13日 13時54分 UPDATE

手始めにSEO?:初めてのオンラインマーケティングは、ROIで施策を選べ! (1/2)

オンラインマーケティングの手始めに「SEOをやりたい」という経営者は多いが、果たして本当に投資に見合うリターンが得られるのか。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

 「これまでは電話帳広告や口コミに頼っていたマーケティングを、オンラインマーケティングで効率的かつ効果的に展開できないか」。企業規模に関わらず、初めてオンラインマーケティングに踏み出そうとする企業なら、誰もがこう考えるだろう。ただ、特に中堅/中小企業の場合、限られた予算の中で失敗する余裕はない。

itmmarke140213_02.jpg

 2014年2月2日、SearchEngineWatchに掲載された記事“Avoid SEO Hype: Why Small Businesses Should Focus on Return on Investment”(「SEOの過剰宣伝を回避:中小企業こそROIに向き合うべき理由」)では、SEOのほかPPC広告、ソーシャルメディアマーケティング、eメールマーケティングのROIについて解説している。オンラインマーケティングの手始めに「SEOをやりたい」という経営者は多いが、果たして本当に投資に見合うリターンが得られるのか。

 ちなみに、BrightLocalが米国を拠点にする企業2万社を対象に調査したところ、見込み顧客発掘源として効果的な方法として以下を挙げたという(数字は回答率)。

  • 口コミ(紹介):26%
  • SEO:19%
  • オンラインの地域住所録への登録:15%
  • PPC広告:3%
  • ローカルTVの広告:1%
  • ローカルラジオの広告:2%
  • オンラインマーケティング全体:54%

 口コミ(紹介)のようなオフライン型マーケティングを除くと、「SEOは効果が高い」とする企業は多いようだ。中小企業経営者がSEOに乗り出すのもうなずける。

 とはいえ、オフライン型マーケティングからオンラインマーケティングへ移行しようとしてる企業にとって、SEOはむしろ複雑で難しいアドテクノロジーといえる。ROIを向上するなら、こうした複雑なものより「着手しやすく、効果が高い」施策を選ぶ方が良い。以下、代表的なマーケティング施策のROIをみていこう。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Loading