ニュース
» 2013年08月08日 09時52分 UPDATE

日本マイクロソフトと協力:富士通、明治安田生命にWindows 8タブレットを3万台納入

富士通は8月7日、日本マイクロソフトと協力して、明治安田生命にWindows 8タブレットをベースにした営業職員向けオリジナル新営業端末「マイスターモバイル」を導入したことを発表した。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

 3万台のWindows 8タブレットの導入は国内最大規模の事例であり、世界規模で見ても最大級だという。明治安田生命は2013年9月より国内1200カ所の拠点でWindows 8タブレットを利用した営業活動を展開していく。タブレットを利用し、動画などの各種コンテンツを使った商品説明や、顧客とのコミュニケーション拡充を実現し、契約時のペーパーレス化や効率化を目指すという。

itmmarke130808_01.jpg 営業端末「マイスターモバイル」

 営業端末「マイスターモバイル」は、薄さ15ミリメートル、重さ約880グラムの薄型軽量でありながら12.1インチの大型液晶画面を搭載したタブレット。滑らかなタッチ操作と付属の専用ペンを使ったペン入力も可能で、電子署名の際も自然な書き心地でサインできる。高速モバイル通信としてNTTドコモのXiに対応した無線WANモジュールを搭載しているほか、システムセンター内でデータを一元管理することでタブレット内には一切データを残さない仕様にしており、安心/安全で快適な営業活動を実現している。

 富士通と日本マイクロソフトは、今後も明治安田生命を始めさまざまな企業に対し、ICTを活用したソリューション提案を行って行くという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading