ニュース
» 2013年06月20日 15時01分 UPDATE

ECサイト分析:ソフトバンク・テクノロジー、東京理科大学と共同でビッグデータ分野の共同研究を開始――ECサイトの顧客行動の傾向/予測モデルを開発

ソフトバンク・テクノロジーは6月18日、東京理科大学と共同でビッグデータを活用したデータマイニング分野の産学共同研究を開始すると発表した。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

 この研究プロジェクトは、ECサイトの運営や顧客の購買活動に関するデータを収集し、複合的に分析して顧客の購買傾向を調査し、予測モデルを組み立てることを目的としている。研究の土台として、SBTが運営するアクティブユーザー数約500万人の大規模ECサイトを利用して購買実績データやアクセスデータ、メールマガジン配信データやコールセンターデータ、イベントデータなどあらゆるデータを収集し、東京理科大学の高度なデータマイニング研究能力を駆使して分析を進めていく。

 SBTは本研究プロジェクトの成果を、同社の顧客である会員向けECサイトの全運営業者に向け提供し、サービス化を目指すという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading