ニュース
» 2013年06月18日 14時47分 UPDATE

他SNSとの成果と比較も:マリンソフトウェア、同社広告管理プラットフォーム「Marin」にFacebook向け機能を拡充

キャンペーン広告の入札や作成を自動化し、その成果を全体的に把握できる機能を広告管理プラットフォームに追加することで、広告主のマーケティング業務を支援する。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

 広告主/広告代理店に向け検索広告の管理プラットフォーム「Marin」を提供しているマリンソフトウェアは6月17日、Marinについて、Facebookの利用/広告出稿収益を最大化するための機能強化を行ったと発表した。具体的には次のとおり。

  • Facebookキャンペーンウィザード

 パラメータを入力するだけで、キャンペーンのターゲットとなる閲覧者に適した大量広告を短時間で作成し、広告の無視(アドブラインドネス)を予防

  • Facebook広告ローテーションによる最適化およびレポート

 キャンペーンの広告ユニット作成/ローテーションを実行する新機能で、1つまたは複数の広告タイプでローテーションを実施し、効果の高い広告を自動的にローテーションに組み込む

  • Facebook向け入札の強化

 独自の入札アルゴリズムによって、購入プロセスにおける「消費者認知」「興味」「検討」「購入」などどこに目標を設定しても、その目標に対して最大限の投資対効果が得られるように自動調整

  • Facebook広告関連の成果をMarinの統一画面上に表示

 Facebook広告の全容について、売り上げやソーシャルなどのKPIを分かりやすく統一画面に表示させることで成果を把握できる新機能

 Facebookの広告は、タイプやサイズ、使えるクリエイティブが幅広いため組み合わせが複雑になり、活用手法が確立されていないという問題がある。マリンソフトウェアはこうした課題に対し、キャンペーン広告の入札や作成を自動化し、その成果を全体的に把握できる機能を広告管理プラットフォームに追加することで、広告主のマーケティング業務を支援する。またFacebook広告の成果だけでなく、検索広告やディスプレイ広告、モバイル広告、その他SNS広告との成果と比較/対比することで、オンラインキャンペーン全体の収益改善を支援するという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by