ニュース
» 2012年09月21日 19時11分 UPDATE

人気調査データをランキングで紹介:テレビを見ながらスマートフォンを触ったことがある人はスマートフォンユーザーの75.9%〜調査データランキングTOP10

「調査のチカラ」で人気がある調査データを紹介します。「LINEに関する調査」や「世界の喫煙率とタバコの値段」に関する調査データがランクインしました。

[山田竜司,ITmedia]

 9月21日時点で最も読まれた調査データは「LINEに関する調査」でした。2位は「iPhone 5を購入したいと思っている人の割合は?」で、3位は「『全国スマートフォンユーザー1000人定期調査』第2回」でした。1位の「LINEに関する調査」ではLINE内で人気のあるサービス、便利な点、不便な点などがまとめられています。2位は「iPhone 5を購入したいと思っている人の割合は?」で、「iPhone 5購入したいと思う」を選択したのは全体の20.2%、「購入したいと思わない」と回答したのは48.4%でした。また「検討中」は31.4%とiPhone人気の割には意外な結果が出ています。 

 私が興味深かったのは3位の「『全国スマートフォンユーザー1000人定期調査』第2回」です。スポットが当てられているのはスマートフォンとTV視聴の関係について分析です。調査によると「テレビを見ながらスマートフォンを触る」と答えた人はスマートフォンユーザーの75.9%でした。そのうち、「テレビ番組で紹介された商品やサービスをスマートフォンで検索する」人は68.1%、「紹介された場所に実際に行く」人は40.9%、「紹介された商品やサービスをスマートフォンで購入する」人は25.1%、「SNSで友人・知人にシェアする人」は21.0%という結果が出ています。また、「スマートフォンを使うことによりテレビの視聴がより楽しくなる」と答えた人は、全体の30.4%でした。

 マーケティングやプロモーションの観点でこの分析結果をどう見るかは人によって分かれると思います。前向きに捉えればテレビとスマートフォンはシナジーがあり、TVは広告の手段としてより高い送客効果が期待できる媒体ということになります。しかし、テレビを見ながらスマートフォンを触ったことがある人はスマートフォンユーザーの75.9%もいるのに、「スマートフォンの利用により、テレビ視聴をより楽しむことができる」と答えた人は30.4%です。残りの69.6%はTVとスマートフォンに親和性がないと考えているとも言えると思います。あなたは調査結果からどのような考えを持ちましたか?

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

news054.jpg
買い物客のハートつかむ:

岩崎史絵 2014年4月21日

【連載】海外事例に学ぶマーケティングイノベーション:

馬渕邦美 2014年4月11日

【連載】ちょっと気になるWebキャンペーン:

岡徳之 2014年4月4日

増税前セールのラストスパートに:

岩崎史絵 2014年3月19日

news068.jpg
抜き出るブログへ:

岩崎史絵 2014年4月18日

【連載】ちょっと気になるWebキャンペーン:

岡徳之 2014年4月15日

【連載】ソーシャルメディアを活用したい中小企業のためのWeb発注力と運用力:

石田陽之 2014年4月10日

売り上げ増加のきっかけに:

岩崎史絵 2014年4月4日

Loading

「ITmedia マーケティング」購読一覧