ニュース
» 2018年09月11日 19時00分 公開

広告主と媒体社それぞれにサービス提供:Oath、広告テクノロジーを統合した新ブランド「Oath Ad Platforms」を発表

Oath Japanは、新ブランド「Oath Ad Platforms」を発表した。

[ITmedia マーケティング]

 Verizon Communications傘下のOathの日本法人であるOath Japanは、Oathがグローバルで提供してきた旧Yahooの「BrightRoll」や「Yahoo Gemini」、そして旧AOLの「ONE by AOL」などを統合した新ブランド「Oath Ad Platforms」を発表した。

 Oath Ad Platformsは、広告主向けのソリューション「Oath Ad Platforms for Marketers」と、媒体社向けの「Oath Ad Platforms for Publishers」を提供する。

 Oath Ad Platforms for Marketersはブランディングからパフォーマンスまであらゆるキャンペーンをサポート。DSP、ネイティブ広告(注)、アドエクスチェンジを基に、広告主に必要なツールとデータを提供し、最適な形で生活者に届ける。

注:ネイティブ広告はグローバルのみの展開。

 Oath Ad Platforms for Publishersは、パブリッシャーツールセットを活用し、実績データに基づき収益管理や動画広告在庫管理が可能となり、質の高い広告主とつながることができる。多様なマネタイズ方法を豊富にそろえ、さらにはカスタマイズと管理の在り方を追求することで、Oathは顧客のロイヤルティー向上に努める媒体社を強力にサポートする。また、2019年に導入を予定している「Oath Ads SDK」など、媒体社向けの新しいツールも継続的に導入予定。

 旧ブランドと新ブランドの対比は以下の通りだ。

旧ブランドと新ブランドの対比《クリックで拡大》

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading