ニュース
» 2018年06月06日 11時00分 公開

CM期間中にリアルタイムでPDCAサイクルを回す:テレビCMと動画広告の最適な広告接触回数の検証、CyberBullが資生堂ジャパンと共同で実施

CyberBullは資生堂ジャパンと共同で、テレビCMと動画広告の最適な広告接触回数に関する検証を実施した。

[ITmedia マーケティング]

 サイバーエージェント子会社で動画広告に特化した広告代理事業を営むCyberBullは、資生堂ジャパンと共同で、テレビCMと動画広告の最適な広告接触回数に関する検証を実施した。

 ブランディング施策としてテレビCMと動画広告の組み合わせによる商品認知や態度変容の最大化を図る取組みが注目されているが、一方で媒体を横断した広告効果の計測手法はいまだ確立されておらず、広告主企業にとって最適な広告予算の配分が課題になっている。

 今回、CyberBullは調査機関と連携し、テレビCMの放送翌日に生活者の広告接触状況および認知率を集計。その結果を基に認知の低いエリアに動画広告を配信する運用体制を構築した(下図参照)。これにより、テレビCM放送期間中にリアルタイムでブランドリフトの最適化を図りつつ、マス広告およびデジタル広告との媒体横断時における最適な広告接触回数を可視化した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading