ニュース
» 2017年09月19日 11時00分 公開

広告主と媒体社双方の需要が拡大:インターネット広告PMP取引市場規模、2021年には約3倍に――サイバーエージェント子会社が予測

サイバーエージェント子会社のAJAは国内PMPの市場動向調査を実施。その結果を発表した。

[ITmedia マーケティング]

 サイバーエージェント子会社のAJAは調査会社のデジタルインファクトと共同で、国内プライベートマーケットプレース(以下、PMP)の市場動向調査を実施。その結果を発表した。

 不特定多数の広告の買い手と売り手とがオープンオークションでインターネット広告を自動入札で売買する従来のRTBに対し、PMPは同じインターネット広告の自動入札取引ながら、特定の買い手と売り手とが定められた環境下で売買を行う。

 2010年代以降、RTBが普及し、DSPやアドエクスチェンジ、SSPなどクラウド上の広告取引システムを介して国内外からに自由に参加することができるようになっているが、その一方で昨今、不正広告(アドフラウド)やビューアビリティ、ブランド毀損などの問題から、PMPへの注目が集まっている。このような背景のもと、調査では、PMPを介したインターネット広告の年間広告取引総額の推計・予測値を算出している。調査結果は以下の通り。

PMP取引市場規模、2021年には387億円に

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Loading