ニュース
» 2017年04月26日 12時00分 UPDATE

ビッグデータ基盤「セゾンDMP」を活用:クレディセゾン、データビジネス強化に向けアドテク専業のオムニバスの株式を100%取得

クレディセゾンは2017年4月25日、アドテクノロジーを活用してマーケティング支援を行うオムニバスの発行済み株式を100%取得したと発表した。

[ITmedia マーケティング]

 クレディセゾンは2017年4月25日、アドテクノロジーを活用してマーケティング支援を行うオムニバスの発行済み株式を100%取得したと発表した。クレディセゾンが持つビッグデータ基盤「セゾンDMP」を活用したデータビジネスの強化が目的。

 オムニバスは、2008年の設立時からアドテクノロジーを専業としたデジタルマーケティング支援事業を実施してきた。さまざまな広告主のキャンペーンやデータ活用を手掛けてきた知見と多くのアドテクノロジーを活用してきたノウハウを持つため、クレディセゾンは、同社が目指す会員1人1人への最適な情報配信と広告事業拡大に寄与すると考え、今回の株式取得に至った。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading