ニュース
» 2017年04月25日 15時30分 UPDATE

Cookie情報取得済みの3万人の調査パネルを活用:野村総合研究所、広告出稿前後の態度変容を同一モニターに調査する効果測定サービスを開始

野村総合研究所は、同一モニターに対し、広告出稿の事前事後でアンケート調査を行い消費者の態度や意識の変化を捕捉する効果測定サービス「InsightSignal‐デジタルパネル」を開始した。

[ITmedia マーケティング]

 野村総合研究所(以下、NRI)は2017年4月24日、デジタル広告効果測定サービス「InsightSignal‐デジタルパネル」を開始した。これは、NRIが保有するCookie情報取得済みの調査パネル(Cookieパネル)に対して、広告出稿の事前事後でアンケート調査を行うもの。同一人物を調査することで、広告が消費者の態度や意識の変化にもたらす効果(リフト率)を正確に測定できるという。

「InsightSignal‐デジタルパネル」の仕組み《クリックで拡大》

 また、PCとスマートフォンの両方をCookie連携したパネルであるため、広告接触回数を幅広く正確に捕捉することが可能(1端末のみの保有者はその端末のみ連携)。対象とするCookieパネルは全国3万人と大規模であるため、クリエイティブ別の分析など、少量出稿の広告でも分析が可能だ。

アウトプット例《クリックで拡大》

 新サービスは、従来のメディア別分析サービスである「InsightSignal」と組み合わせることにより、テレビCMとのクロスメディア分析はもちろん、交通広告や新聞、雑誌などの多様な広告メディア、さらに販促キャンペーンやPR施策などと掛け合わせた分析ができる。これにより、プロモーション全体を俯瞰して効果を把握することが可能となり、「全体最適」を目指す戦略立案が可能となる。

 利用料金はInsightSignal‐デジタルパネル単体で140万円(税別)から。InsightSignalと併せて申し込む場合は100万円(税別)からとなる(事前調査3問、事後調査10問、各500サンプル、配信数5000万imp、設問数や配信数に応じて別途見積もり)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading