ニュース
» 2014年04月17日 13時13分 UPDATE

最大11倍高速化:東京カンテイ、「Oracle Database Appliance」を導入 ―― 不動産関連のビッグデータ分析基盤を構築

日本オラクルとアシストは4月16日、土地/建物など不動産データの情報提供サービスを展開する東京カンテイのデータベース基盤として「Oracle Database Appliance」を導入したことを発表した。分析処理時間が最大11倍高速化し、新たなサービス提供が可能になる。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

関連キーワード

不動産 | ビッグデータ


 東京カンテイの不動産データは、金融機関などで融資根拠として利用される信頼性の高いデータであることが特徴。昨今、不動産情報をより高度に分析することで実現した「収益評価サービス」や、地図情報と連動した「駅周辺の賃料査定システム」、過去物件を含めて傾向分析をするビッグデータ分析結果の提供などへのニーズが高まり、パフォーマンスと拡張性を実現するシステム検討が急務となっていた。

 東京カンテイがOracle Database Applianceの採用に踏み切った要因は次の通り。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Loading