ニュース
» 2013年12月20日 13時05分 UPDATE

専門スタッフがマネジメント:電通、運用型広告サービス「トレーディング・デスク・サービス」の提供開始

電通は12月19日、リアルタイム自動入札(RTB:Real Time Bidding)を利用した運用型広告を最適に管理し、パフォーマンスを最大化する新サービス「トレーディング・デスク・サービス」の提供開始を発表した。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

 トレーディング・デスク・サービスとは、広告目標や評価目標を達成できるように広告配信を管理するDSP(Demand Side Platform)や、オーディエンス情報などを管理するDMP(Data Management Platform)など複数のサービスを専門スタッフがマネジメントし、適切なタイミングで効率的な広告配信を実現するもの。本サービスに関しては、子会社であるサイバー・コミュニケーションズやネクステッジ電通などと協力し、連携しながら進めていく。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Loading

「ITmedia マーケティング」購読一覧