ニュース
» 2017年06月19日 16時00分 UPDATE

顧客接触機会を営業担当に自動で通知:月額5000円から使えるマーケティングオートメーション「Kairos3」がSFA機能を提供

カイロスマーケティングは、顧客接触の機会を自動で営業担当者に知らせるクラウド型営業支援システム「Kairos3 SFA」の販売を開始した。

[ITmedia マーケティング]

 カイロスマーケティングは2017年6月19日、顧客接触の機会を自動で営業担当者に知らせるクラウド型営業支援システム「Kairos3 SFA」の販売を開始した。同社のマーケティングオートメーション(MA)ツール「Kairos3」のオプション機能として提供する。

 Kairos3 SFAは、営業担当者個人にたまりやすい案件情報や顧客情報、商談の進捗(しんちょく)情報など営業活動に関わる情報を可視化することで、営業全体の生産性と効率性を改善し、営業活動を強化するためのクラウド型の営業支援システム(SFA)。SFAの基本機能に加え、営業担当者が今すぐに接触すべき案件や顧客を自動で検知する機能と、行動履歴から該当顧客のニーズを推測する機能を備えた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Loading