インタビュー
» 2015年07月07日 08時00分 UPDATE

究極の個人情報をどう扱うか:DeNAの遺伝子検査サービス「MYCODE」に学ぶ、Webコンテンツ管理とセキュリティポリシー

一滴の唾液から病気の発症リスクが分かると話題の遺伝子検査サービス。複雑なコンテンツ管理と高度なセキュリティ要件をいかに実現しているのだろうか。

[野本纏花,ITmedia マーケティング]

 手軽さと手頃な価格帯で、急速に身近なものになりつつある「遺伝子検査」。検査キットで唾液を採集して返送すると、専門機関の検査を経て、詳細な結果リポートをWebの管理画面から見られるというサービスだ。

 膨大なデータとそれに基づいた専門家の正確な知見をWebで素早く的確に配信するのがこのサービスの特徴だが、実際にそれをするのは並大抵のことではない。さらにいえば、遺伝子という究極の個人情報を取り扱わなければばらないため、厳格なセキュリティ要件も求められる。そうした難度の高いWebサイト運用をどのように実現しているのか。DeNAライフサイエンスの遺伝子検査サービス「MYCODE(マイコード)」担当者に聞いた。

“DeNAがDNAを解析”――創業者肝いりのプロジェクト

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by