ニュース
» 2014年12月22日 16時00分 UPDATE

サービス工学に特化:ビッグデータ活用の人材育成、日本IBMが筑波大学を支援

日本IBMは12月19日、ビッグデータ活用に関わる人材育成に向け、筑波大学が設置するサービス工学に特化したCoE(Center of Excellence in Big Data & Analytics for Service Engineering、以下「サービス工学ビッグデータCoE」)を支援することを発表した。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

関連キーワード

ビッグデータ | 筑波大学 | 人材育成


 筑波大学システム情報系社会工学域では、2015年1月にサービス工学ビッグデータCoEを創設することを予定している。これは学術的に世界でも未踏領域の「サービス開発・改善のためのビッグータ利活用」というテーマに特化したもので、今後10年プロジェクトで“サービス工学×ビッグデータ”の分野で世界最高峰を目指していくという。

 IBMは、サービス工学ビッグデータCoEの趣旨と目的に賛同し、IBM Academic InitiativeプログラムによるIBMソフトウェアの提供、最先端ビッグデータ解析ソフトウェアである「SPSS Modeler」「Watson Analytics」の提供、IBMの無料コースウェアとIBM製品トレーニングなどを提供し、ビッグデータ人材の育成を支援していく。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Loading

「ITmedia マーケティング」購読一覧