ニュース
» 2014年12月16日 16時00分 UPDATE

博報堂DYメディアパートナーズと博報堂:パネル調査データ、オンラインアクチュアルデータを統合した新サービスを開始

博報堂DYメディアパートナーズと博報堂は12月15日、両社協同の取り組みとして進めている“生活者データ・ドリブン”マーケティング対応力強化を担う「DATA WiNGS(データウィングス)」において新規見込み顧客や広告配信の新サービスを提供することを発表した。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

関連キーワード

博報堂 | 調査 | マーケティング


 提供される新サービスは、生活者についてのパネル調査データと、Web閲覧ログなどのオンラインアクチュアルデータを統合/分析し、新規見込み顧客の発掘を支援する「Querida Insight(クエリダインサイト)」、またその見込み顧客に対して的確な広告配信を可能にする「Querida Planning(クエリダプラニング)」の2つとなる。

 博報堂DYメディアパートナーズは、米Treasure Dataのクラウド型データマネジメントサービス「トレジャーデータサービス」を活用し、パネル調査データやWeb媒体の閲覧履歴、クライアントオウンドメディアの閲覧履歴データを収集/統合、その規模は億単位にのぼる。今回DATA WiNGSは、このトレジャーデータサービス内にあるデータを活用し、ターゲットペルソナを策定するQuerida Insight、ならびに的確なWeb広告配信の設計を支援するQuerida Planningを提供していく。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Loading