ニュース
» 2014年02月10日 13時52分 UPDATE

世代が上がるほど増える:30代以降の世代、4人に1人がネットスーパーを利用

フィールドマーケティング支援サービスを提供するソフトブレーン・フィールドは2月7日、今年1月下旬に実施した「買い物スタイル調査(生活必需品編)」の結果を発表した。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

 本調査は1049名(内既婚女性850名、平均年齢44歳)の結果を分析したもので、この調査結果によると世代が上がるにつれて実店舗での買い物比率は減少していることが分かったという。30代以降の世代では4人に1人が普段の買い物にネットスーパーを利用しているようだ。

 まず「食品や飲料、日用品といった生活必需品を購入する場所」について聞いたところ、全世代で最も多かった回答は「食品スーパー、総合スーパー」だった。ただしスーパーに対する各世代での利用率では、20代が90.0%、30代〜50代で80%超、60代以上になると69.2%と急落する。ちなみに60代以上については、「宅配(生協など)」の利用率が19.2%、「ネットスーパー、ネット宅配」の利用率が7.7%と、ほかの世代に比べ実店舗以外の利用率が非常に高いという傾向がみられた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading