ニュース
» 2013年10月02日 14時29分 UPDATE

電通ら3社が共同開発:顧客動態データ分析サービス「draffic」が「グッドデザイン賞」を受賞

電通は10月1日、地図情報サービスのゼンリンデータコムおよび事業コンサルティングのシンクエージェントと共同で開発した顧客動態データ分析サービス「draffic」が「2013年度グッドデザイン賞」を受賞したことを発表した。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

 drafficは、地理的/時間的な要素を含んだ「人の流れ」を地図上に可視化し、企業や自治体のマーケティングを支援するサービス。来店者分析や競合分析、自治体の都市計画や防災計画などで活用されている。分析対象となるのは、許可を得て取得した携帯電話利用者の膨大な位置情報データだ。データは匿名化/統計処理されるため、名前や性別、年齢、居住地などの個人情報は特定されないという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Loading