ニュース
» 2012年09月28日 19時14分 UPDATE

調査データを無償提供:博報堂、20年間の生活者観測データを一般公開

博報堂生活総合研究所は20年間の「生活定点」調査を一般に無償提供すると発表した。

[ITmedia]

 博報堂生活総合研究所は9月27日、1992年から2012年の20年間、隔年で実施してきた生活者意識の定点観測調査「生活定点」のデータ約1500項目を無償で一般公開すると発表した。

 生活定点調査は、1992年から20年間にわたって隔年で実施している同研究所の定点観測調査だ。同じ地域(首都圏/阪神圏)、同じ対象者設定(20〜69歳の男女)に向け、同じ質問を継続して投げかけ、その回答の変化を時系列で観測している。項目数は約1500項目に及び、衣、食、住、健康、遊び、学び、働き、家族、恋愛/結婚、交際、贈答、消費、情報、メディア接触、社会意識、国際化と日本、地球環境など、さまざまな領域を網羅している。

 また、同研究所は過去20年分の回答値を時系列でグラフにできるプログラムを一般に無償公開した。表とプログラムは、同総研のWebサイトからダウンロードできる。利用者登録などは必要ない。

関連キーワード

調査 | 無料 | 博報堂 | プログラム | 調査機関 | 2012 | グラフ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading