ニュース
» 2012年08月21日 18時50分 UPDATE

博報堂DYグループ・ソーシャルメディア・マーケティングセンター調査:ソーシャルメディア利用、30代以上はPC、20代以下はスマートフォンから

PCとスマートフォンでソーシャルメディアの使われ方はどのように異なるか、博報堂DYグループ・ソーシャルメディア・マーケティングセンターが調査結果を発表した。

[ITmedia]

 博報堂DYホールディングスのグループ横断型組織、博報堂DYグループ・ソーシャルメディア・マーケティングセンターは8月20日、ソーシャルメディア利用実態に関する調査結果を発表した。PCとスマートフォンでのソーシャルメディアの使われ方の違いや、ソーシャルメディア利用者の人物像などを分析した。

 主にPCでソーシャルメディアを利用する「PC派」は、ソーシャルメディア利用者全体の6割を占め、その中心は30〜40代の男性ビジネスマンだった。また、このうち帰宅後にソーシャルメディアをほぼ毎日利用する人は6割を占めた。PC派におけるFacebookの「いいね!」利用率は5割を超え 、企業/商品/サービス情報についてのソーシャルメディア投稿率も4割を超えた。

 一方、主にスマートフォンでソーシャルメディアを利用する「スマホ派」は、ソーシャルメディア利用者の3割で、10〜20代では5割弱だった。スマホ派は移動中や食事中などさまざまなシーンでソーシャルメディアを利用し、ほぼ毎日利用する人は8割以上だった。スマホ派におけるFacebookの「いいね!」利用率は6割、企業/商品/サービス情報のソーシャルメディア投稿は1カ月に平均3.2回という結果だった。

yamadahakuhoudou.jpg PC派とスマホ派の属性、行動の違い

 同社は「スマホ派はPC派に比べて情報拡散力が高く、今後企業がソーシャルメディアマーケティングを展開する上で注視すべき層だ」と指摘している。

 調査は週1回以上Facebook、Twitter、mixiいずれかを活用する1080人を対象にインターネットを使って実施した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by