ニュース
» 2015年05月21日 09時00分 UPDATE

登録スタッフとのコミュニケーションをCCCMで支援:リクルートスタッフィングの派遣求人サイトにSalesforce Marketing Cloudを導入

クロスチャネル・キャンペーンマネジメント(CCCM)導入を支援するディレクタスは2015年05月21日、リクルートスタッフィングの運営する派遣求人サイトにおいて、米Salesforce.comの「Salesforce Marketing Cloud」の導入が決定したと発表した。

[織茂洋介,ITmedia マーケティング]

 CCCMは、複数の顧客接点をまたいだ消費者とのコミュニケーションを事前に設定したシナリオにもとづいて自動化し、最適化するもの。Salesforce Marketing Cloudはその代表的なツールだ。

 約90万人(2015年4月現在)の登録スタッフを抱えるリクルートスタッフィングがSalesforce Marketing Cloudを使うことで、スタッフの視点に立ったタイムリーなコミュニケーションを行い、個々のスタッフの希望に沿った派遣業務への就業を支援する狙いがある。

mmyo_20150521rc.jpg リクルートスタッフィングの派遣求人サイト《クリックで拡大》

 具体的には、スタッフの状況や心境の変化に応じたタイムリーな情報をメール、Webサイト、対面、電話など複数のチャネルを通じて提供し、各スタッフに寄り添った仕事情報を提供する。ディレクタスは、コミュニケーション戦略の立案、シナリオの設計と設定、Salesforce Marketing Cloudの導入と運用を支援する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Loading

「ITmedia マーケティング」購読一覧