ニュース
» 2017年02月23日 15時00分 UPDATE

競合他社への来店状況も把握可能:TUNE、来店・購入につながったオンラインマーケティングの効果を測定する機能「In-Store Event」を提供開始

TUNEは、オフラインの来店や販売につながったオンラインマーケティングの効果を測定・分析する機能「In-Store Event」の提供を開始すると発表した。

[ITmedia マーケティング]

 TUNEは、オフラインの来店や販売につながったオンラインマーケティングの効果を測定・分析する機能「In-Store Event」の提供を開始すると発表した。実店舗を持つマーケターが利用できる機能で、自社のスマートフォンアプリを使用するユーザーが実店舗に来店した頻度や、実店舗での購入機会などを測定することができる。

 同機能は、TUNEが業務提携するSmartwhereが持つ位置情報ソリューションと、TUNEのスマホ広告効果計測ツール「Attribution Analytics」を組み合わせて提供される。

 マーケターは、自社店舗へのアプリユーザーの来店状況の測定に加えて、競合他社の店舗への来店状況も把握できる。さらに、TUNEのアプリマーケティング施策ツール「In-App Marketing」と連携し、来店頻度が低いアプリユーザーにプッシュ通知を配信して来店を促す、といった使い方もできる。

 「In-Store Events」で利用できる主な機能は、以下の通り。

  • 特定のアプリユーザーが特定のロケーションをどのくらいの頻度で訪れているかを測定
  • 特定のロケーションに対し、どの広告(広告パートナー)が最も多くモバイルユーザーを誘導しているかを測定
  • どのアプリユーザーが最も頻繁に特定のロケーションを訪れているか(もしくは訪れていないか)を測定
  • 競合他社のロケーションを訪れているアプリユーザーの把握
  • ロケーションの訪問履歴を元にターゲットユーザーのリエンゲージメントを実施

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading