ニュース
» 2013年04月10日 16時59分 UPDATE

広告コピー旅行業界編×ビッグデータ:ビッグデータで解明された「広告コピーのベストプラクティス」 (1/2)

ビッグデータ技術を利用して広告コピーの効果やベストプラクティスを検証した研究成果を紹介します。対象は旅行業界です。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

 マーケティング分野におけるビッグデータ活用例といえば、顧客インサイトの獲得やキャンペーンの効果測定、店舗の売れ筋分析や戦略立案などに適用されるというイメージが一般的ではないだろうか。

 その点、ClickZ.comに2013年4月4日に掲載された“Applying Big Data Insights to Ad Copy Strategy: Travel Edition”(「ビッグデータインサイトを広告コピー戦略に適応してみよう:旅行業界編」)と題する記事は、なかなか興味深い。この記事では30日間に渡って、Bing Adsで掲載された旅行業界の25万超のユニークアド/インプレッション数3億以上のコピーライトを分析し、効果的な広告コピーのベストプラクティスを探った結果が書かれている。

 本調査を行ったのは、Bing Adのリサーチアナリストであるヴィヴィアン・リー博士。リー博士は、Yahoo Bing Network上に表示された旅行広告の中で、企業名がコピーに入っておらず、少なくとも5インプレッションがあった広告をすべて分析し、タイトルや本文から23の普遍的なキーワードを洗い出した。これは25万のユニークアドのうち、70%の確率で頻出した用語だ。

 23の用語をすべて挙げると、「%オフ」「オフィシャルサイト」「レート」「クーポン」「行き先」「運賃」「安い」「予約(Reservation)」「今すぐ予約する(Book Now)」「お値ごろ」「今すぐ席を確保する(Save Now)」「比較」「低価格保証」「値引き(Savings)」「Price Points(市場小売価格)」「価格変動なし」「割引価格(Offers)」「満足」「割引(Discount)」「保証」で、残り3つは、コピー文内に出て来たパラメータ変数を指定する「(Param)」という文字列、キーワードを指定する「(keyword)」という文字列、ならびに商標を意味する「TM」だったという。

 これらの23の用語を、「広告コピー変数」とし、この組み合わせがどのように広告効果や品質に影響するかを調査した。結果、得られたのは次の2つのインサイトだ。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by