ニュース
» 2011年08月17日 11時34分 UPDATE

日本IBMが統計解析ソフトの最新版、地図表示機能を追加

解析結果を地図上に反映させることで、地域単位での仮説検証や予測分析などができるようになる。

[國谷武史,ITmedia]

 日本IBMは8月17日、統計解析ソフトウェアの最新版「IBM SPSS Statistics 20.0」を発表した。24日から出荷を開始する。

 同製品は、アンケートや顧客購買、医療といったさまざまなデータを30種類以上の分析メニューで分析し、20種類以上のグラフで出力できるもの。企業や官公庁、自治体などで仮説検証や予測分析に利用されている。

 最新版では分析結果を地図上に表示する「マップ表示機能」が追加され、地域単位で数値の大小を色分けで表示したり、グラフを組み合わせて表示したりできる。エリアマーケティングや在庫最適化といった業務から、犯罪の起こりやすい場所の分析、教育機関での地域分析などでの活用が期待されるという。このほか、集計表の出力速度を約5倍に向上させたほか、マーケティングリサーチに利用される一般化線型混合モデルでは、順序尺度データを利用した分析ができるようになった。

 価格は1ユーザー当たり26万9900円(税別)から、教育機関向けは同10万8000円(税別)からとなっている。

ibm0817.jpg 都市ごとのプロット表示の例

関連キーワード

IBM | 地図 | 予測分析 | SPSS


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading