アドテク業界の「どうなってるの?」に答える(2016年版)

「アドテク業界の「どうなってるの?」に答える(2016年版)」の連載記事一覧です。

アドテク業界の「どうなってるの?」に答える(2016年版):

成長が続く一方でネガティブに語られることも増えてきたアドテクノロジー。2016年はどうなるのか。広告主側とパブリッシャー側双方の事情をよく知るマイクロアド COMPASS事業部 部長 福田裕也氏が解説。

【福田裕也 , マイクロアド】()
アドテク業界の「どうなってるの?」に答える(2016年版):

ネット広告の発展は良質なコンテンツ供給と健全な収益化の仕組みがあってこそ。2011年よりSSP事業に従事するマイクロアド 中野伸飛氏が、望まれる次世代の「メディア」と「広告枠」の在り方について解説します。

【中野伸飛 , マイクロアド】()
アドテク業界の「どうなってるの?」に答える(2016年版):

広告配信を最適化する一方、エンドユーザーには時に「うっとうしい」印象を与えかねないリターゲティング広告。問題解決の手段として期待される「データフィード」の可能性をMicroAd DFs取締役の井上茂樹氏が解説。

【井上茂樹 , マイクロアド】()
アドテク業界の「どうなってるの?」に答える(2016年版):

マイクロアド執行役員で動画広告事業の責任者でもある西山明紀氏が、動画広告市場における現状の課題と2016年の課題展望について解説します。

【西山明紀 , マイクロアド】()

インフォメーション