Special
» 2020年08月26日 10時00分 公開

部門を横断したデータ活用を実現する:生き残る企業はなぜ「オープン」なマーケティングツールを選ぶのか

デジタルの力で良質な体験を提供して顧客の心をつなぎ留めるための出発点はコンテンツとデータの連携だ。これを阻むデータとシステムの「サイロ化」の課題に立ち向かうにはどうすればいいか。

[PR/ITmedia]
PR

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大で経済の先行きは不透明になった。一方でこの非常時に一気に加速したデジタル化の流れは、今後も止まりそうにない。

 マーケティングやセールス、カスタマーサービスなど、それぞれの場面における非接触・非対面を前提としたコミュニケーションに、顧客は単に感染リスク回避という目的を超えた大きなメリットを感じるようになっている。

 この流れは後戻りできない。企業はビジネスを持続するため、あるいは新たな商機やより高い生産性を求め、ますますデジタル化を推進することになる。

 しかし掛け声ばかりでなかなか変革が進まない企業が多いのもまた事実。その大きな原因となるのがデータのサイロ化と、武器となるはずのマーケティングツールの使いづらさだ。投資できるリソースと時間が限られた中でこれらの課題を解決し、成果を挙げるためにすべきこととは何か。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:アクイアジャパン合同会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia マーケティング編集部