デジタルマーケティング・マネジメント――マーケティングを科学的に管理するには

情報技術の進化は、マーケティングの管理手法を科学的に洗練させつつあります。あらゆる施策の効果が数値で検証できる現代において、CMOには常に最高の投資対効果(ROI)を視野に入れたマーケティング戦略の指揮が求められます。「『ITmedia マーケティング』特集:デジタルマーケティング・マネジメント――マーケティングを科学的に管理するには」では、ITmedia マーケティングで公開したデジタルマーケティング戦略に関する記事群を中心に、次世代のCMOに向けた情報を集約しました。

Pick UP Contents

Adobe Digital Marketing Forum 2013:

「Adobe Digital Marketing Forum 2013」が6月13日、六本木で開催された。アドビ システムズ 代表取締役社長 クレイグ・ティーゲル氏らによる基調講演の様子をレポートする。

(2013年6月19日)
デジタル時代のマーケッターに問う(前編):

6月13日に開催されたイベント「Adobe Digital Marketing Forum」において、「そもそもデジタルマーケティングとは何なのか」というテーマでパネルディスカッションが行われた。

(2013年6月20日)

ITmedia マーケティング

news093.jpg
リエンゲージメント広告の配信も:

ADFULLYは、優良アプリメディアのフルスクリーン動画広告枠を直接買い付けしてリエンゲージメント広告を配信可能な「Adfurikun Premium Ads」の提供を開始した。

(2017年5月24日)
news013.jpg
マーケットで勝てる人材を量産する:

サイバーエージェントは2017年4月、インターネット広告事業部門において「次世代ンターネットマーケティングプログラム(通称:JIP)を導入した。その概要について担当執行役員に聞いた。

(2017年5月10日)
news075.jpg
【短期集中連載】庭山一郎の米国B2Bマーケティング紀行:

ノヤン先生と庭山特派員の二人旅も一段落。締めくくりはポートランドの静かな森のコテージから、日本のB2Bマーケティングの来し方行く末を考えます。

(2017年5月2日)
news039.jpg
独自のロジックで広告主を審査:

サイバーエージェント連結子会社のAJAは、インターネットメディア向けレコメンドエンジン「AJA Recommend Engine」のブランドセーフティ機能を強化したと発表した。

(2017年5月2日)
news001.jpg
【連載】インフルエンサーマーケティングの効果を可視化する 第1回:

定量的に見えにくいインフルエンサー施策の効果をどう評価していけばよいのか。「エンゲージメント」を築いた先に何があるのか。「バズの法則」を知りつくすエキスパートが解説する。

(2017年5月1日)

Business Media 誠

news014.jpg
ネット広告の先駆者に聞く:

マーケティングは長嶋監督の「カンピュータ」から野村監督の「ID野球」に変わるべきだ。日本のインターネット広告業界を常に一歩早く歩んできた横山隆治氏に、デジタルマーケッターのあるべき姿を聞いた。

(2013年8月9日)

マーケティング記事アーカイブ

仕事をしたら“就活生の動き”が見えてきた(前編):

学生の就活が本格化しているが、内定をもらえる人ともらえない人でどのような違いがあるのか。これまでよく分からなかったことが、ビッグデータで明らかになってきたという。就活生の行動を分析している、リクルートキャリアの担当者に話を聞いた。

(2013年2月20日)
仕事をしたら“就活生の動き”が見えてきた(後編):

学生の就職活動が本格化している。リクルートキャリアはビッグデータを活用したことで、これまで分からなかった就活生の動きが見えてきたという。中でも女子学生の行動パターンにはある特徴があった。それは……。

(2013年2月27日)
【連載】戦略リーダーとしてのマーケティング組織、CMO機能:

CMOとは何者か? マーケティングドリブン型組織が持ち得る力とは? マーケティングを軸に組織再編を考える松風里栄子氏の新連載。第1回はマーケティング部門が見直される背景および企業の構造再編を阻む要因を整理する。

(2012年7月17日)
【連載】戦略リーダーとしてのマーケティング組織、CMO機能:

グローバル企業はどのようなマーケティングマネジメントを志向し、チャレンジし、実践しているのか。3人のグローバルCMOへのインタビューを通じて、その要点と課題を考察する。

(2012年8月27日)
【連載】戦略リーダーとしてのマーケティング組織、CMO機能:

CMOの役割は「環境変化に対し、的確な判断をすること」、つまり、会社をいかに進化させていくか、その答えを見つけ出すことです――。一休のCMO 汲田貴司氏との対談を通して、CMOの真のあり方を考える。

(2012年10月5日)
【連載】戦略リーダーとしてのマーケティング組織、CMO機能:

マーケティングと経営の融合を考えるなら、組織構造に配慮しないわけにはいかない。新会社「ポッカサッポロフード&ビバレッジ」の戦略企画本部長 征矢真一氏に、新組織の設計意図やその目指すところを聞いた。

(2012年11月7日)
【連載】戦略リーダーとしてのマーケティング組織、CMO機能:

御社のマーケティング部門は何をマーケティングしているのだろうか? マーケティングを企業としてマネジメントするための処方箋を示す。

(2012年12月11日)
【連載】戦略リーダーとしてのマーケティング組織、CMO機能:

本連載では、CMO機能が企業の戦略リーダーとなるというメッセージをさまざまな角度から発信してきた。連載最終回である今回は、“The CMO”としてマーケティングに携わる方々ならきっとご存知であろうJim Stengel氏に、戦略リーダーとしてのマーケティングのあり方、企業成長の要諦として氏が掲げる“ideal”(理念)の本質を尋ねた。

(2013年1月16日)
仕事をしたら“消費者”が見えてきた:

自販機市場が低迷する中、売り上げを伸ばしている会社がある。そのひとつが「東日本ウォータービジネス」社だ。同社はエキナカに自販機を展開しているが、どのようにして売り上げを増やしていったのか。そのナゾに迫った。

(2012年2月15日)
仕事をしたら“消費者”が見えてきた:

エキナカ自販機を展開し、順調に売り上げを伸ばしているJR東日本ウォータービジネス。その要因のひとつに、POSデータを分析して“お客の顔”が見えたことにある。後編ではミネラルウオーターがどのような人に買われているのか、といった点に迫ってみた。

(2012年2月17日)
【連載】「変わる」広告会社:

「エージェンシーに変革を迫る6つの環境変化」の第1弾として、「ビッグデータ」をマーケティングに活用していく新たな取り組み「ビッグデータ“ドリブン”マーケティング」について、前編、後編の2回に分けてご紹介していく。

(2012年11月8日)
【連載】「変わる」広告会社:

ビッグデータは「推測型マーケティング」から「実証型マーケティング」への進化を促す。ビッグデータを活用することで、今までのアプローチ手法では見えてこなかった新しい発見や価値創造が期待できる、ということだ。試行錯誤の段階ではあるが、「実証型マーケティング」が次世代マーケティングの大きな柱になるのではないだろうか。

(2012年11月15日)
仕事をしたら“移動者”が見えてきた(前編):

何気なく歩いていて、ついつい買い物をしてしまった。こんな経験をしたことがある人も多いのでは。なぜ人は移動中に買い物をしてしまうのか。生活者の購買行動などを分析している「ジェイアール東日本企画 駅消費研究センター」の担当者に話を聞いた。

(2012年12月19日)
仕事をしたら“移動者”が見えてきた(後編):

移動をしているときに「これ食べたいな」と感じたことがある人も多いのでは。なぜ人は移動中にモノを買いたくなるのか。人の移動に注目し、分析をしているジェイアール東日本企画 駅消費研究センターの担当者に話を聞いた。

(2012年12月26日)
【連載】「変わる」広告会社:

収益を伸ばすために、今やらなければならないマーケティングは何か――。対象事業をマーケティングROI視点で分析し、「マーケティング活動」「顧客行動(顧客構造)」「収益」のメカニズムを可視化することだ。

(2013年3月1日)
【連載】「変わる」広告会社:

前編では、対象事業をマーケティングROIの視点で分析するための考え方を述べた。後遍ではマーケティング戦略のキードライバーを開発するプロセスを明確にする。

(2013年3月4日)
【連載】「変わる」広告会社:

広告会社は変わらなければならない。では、いったいどのように変わるべきなのか? 大手広告会社 博報堂が「ビッグデータ」「マーケティングROI」「プラットフォーム化」など6つの軸で次世代の広告会社像を提示する。

(2012年10月4日)

提供:アドビ システムズ 株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia マーケティング編集部/掲載内容有効期限:2013年7月29日

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.