調査リポート
» 2018年10月30日 08時00分 公開

今日のリサーチ:平成世代の約7割が「他者の視線にストレスを感じたことがある」――マンダム調べ

マンダムは「視線耐性とデジタルコミュニケーションに関する調査」を実施しました。

[ITmedia マーケティング]

 マンダムは、相手からの視線に耐えられる力(視線耐性)とデジタルコミュニケーションに関する調査を実施しました。調査は15〜59歳の男女1091人を対象に2018年8月に行っています。調査結果を10〜20代の「平成世代」と30〜50代の「昭和世代」で比較したところ、平成世代ではより他者の視線にストレスを感じる人が多く、視線耐性が低い傾向にあることが分かりました。

10代女性の約4割が「他者の視線が怖いと感じることがとてもよくある」 

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading