調査リポート
» 2018年10月05日 08時00分 公開

今日のリサーチ:フリマアプリで「米」や「野菜」など農作物の取引が急速に拡大──楽天調査

楽天は、フリマアプリを使った農作物の取引実態について調査しました。

[ITmedia マーケティング]

 ここ数年、スマホを使って個人間で手軽にモノの売買ができるフリマ(フリーマーケット)アプリが急成長しています。意外なことに若い世代だけでなく、高齢者から子どもまで、幅広い層で注目を集めているようです。

 楽天は、同社が運営するフリマアプリ「ラクマ」において、昨今急速に拡大している米や野菜などの農産物取引について、調査結果を発表しました。そこからは、ここ数年の間にフリマアプリの活用が多様化し、利用者の幅も広がり、不用品の売買だけでなく、生産者との直接取引の場としての需要も高まっていることがうかがえます。

フリマで米を買うと年間1万円以上の節約に?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading