ニュース
» 2018年09月27日 15時00分 公開

企業ビジョンをアニメで:博報堂グループ会社、「ブランディッド・アニメーション」を開発

博報堂コンサルティングとクラフターは、次世代型ブランディングプログラム「ブランディッド・アニメーション」を開発し、サービス提供を開始した。

[ITmedia マーケティング]

関連キーワード

アニメ | ブランド戦略 | 博報堂


 博報堂グループの博報堂コンサルティングとクラフターは、企業ビジョン・理念を社員に浸透するための次世代型ブランディングプログラム「ブランディッド・アニメーション」を開発し、サービス提供を開始した。「デジタルネイティブの社員が『主観』で理解できる企業ビジョン」を開発コンセプトとし、数々の企業のインターナルブランディングを支援してきた博報堂コンサルティングの知見とクラフターの高度なアニメーション制作技術を生かし、若年世代やビジョンの共感に苦慮していた社員が主観的に企業戦略を自分ごと化することを狙う。プログラムの特徴は以下の通り。

  1. 企業の歴史・過去の再現、企業が描く未来・将来ビジョンなどの時間や空間を超えた設定が可能
  2. ブランドストーリー(物語)や戦略シナリオを、各社員本人、過去の創業者、現在の経営トップなど主観・客観の視点を自在に設定可能
  3. 企業ビジョン・ブランドバリューの設計・再解釈のブランド設計フェーズ、社員と共有するブランドストーリー構成フェーズ、アニメーションプログラムへのクラフト工程フェーズごとにサービスを提供
  4. 「標準パッケージ(ムービー型の2Dアニメーション)」「プレミアムパッケージ(VR型の3DCGアニメーション)」を用意

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading