ニュース
» 2018年09月21日 20時00分 公開

オンプレミスとクラウドを連携させる:「SAS Customer Intelligence 360」が刷新

SAS Institute Japanは9、新しい「SAS Customer Intelligence 360」を発表した。

[ITmedia マーケティング]

 SAS Institute Japan(以下、SAS)は2018年09月20日、マーケティング向けAIソリューション「SAS Customer Intelligence」の基本モジュールを統合し、さらに企業内部のデータベースやチャネルシステム、外部パートナーとシームレスに連携可能にした新しい「SAS Customer Intelligence 360」を発表した。

 Customer Intelligenceは、以下の6つのモジュールから構成されている。このうち、基本ソリューションであるデジタルマーケティング「SAS Customer Intelligence 360 Engage」、アクセスログ解析「SAS Customer Intelligence 360 Discover」、クロスチャネル・キャンペーン管理「SAS Marketing Automation」、オペレーション管理「SAS Marketing Operation Management」(注)を統合・機能強化し、新しいSAS Customer Intelligence 360として提供する。

注:今回の統合に伴い「SAS Marketing Operation Management」は「SAS Customer Intelligence 360 Plan」にモジュール名を変更。

Customer Intelligenceを構成する6つのモジュール

 これまでのマーケティングオートメーションは主にクラウド型でデジタルの顧客接点を対象としているが、コンプライアンスやセキュリティーの観点から企業内部(オンプレミス)に保有するデータをクラウドにアップロードできない企業も多い。また、ビッグデータをインターネット経由でクラウド環境に転送するための時間が課題になることもあるなど、シームレスなカスタマージャーニーを実現することが困難だった。

 新しいSAS Customer Intelligence 360では、企業が保有するオンプレミスのビッグデータ、AIアプリケーション、CRMなどの顧客接点システムを最大活用し、最適なパーソナライゼーションをあらゆる顧客接点で実現することが可能になる。さらに、外部のデータや外部の顧客接点との連携も可能になり、異業種連携や外部パートナーとの連携による顧客の囲い込みまで、より高度なカスタマージャーニーの実現をサポートする。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading