調査リポート
» 2018年09月20日 08時00分 公開

今日のリサーチ:目標管理はExcelか紙が7割、アナログ過ぎる日本の職場の現実――HRBrain調べ

HRBrainは「目標管理の実態と従業員の本音に関する意識調査」を実施しました。

[ITmedia マーケティング]

関連キーワード

調査 | 人事考課 | 意識調査 | 管理職


 9月も残すところあと10日。人事考課面談の時期が近づく企業も多いことと思います。人事評価管理のクラウドサービスを提供するHRBrainは、人事評価を受ける立場の会社員男女600人(役職がない一般社員)を対象に、「目標管理の実態と従業員の本音に関する意識調査」を実施しました。

 調査結果によると、「勤め先の会社で個人の目標設定をしている」と答えた人は全体で49.2%と約半数。会社の規模別に見ると、従業員300人以上の企業では6割を超える一方で、25人未満では12.1%、300人未満では4割台と、個人の目標設定をするのは中小規模の企業では少ない傾向にあるようです。

「目標を意識するのは査定時期、面談時期のみ」が約半数

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading