調査リポート
» 2018年08月08日 08時00分 公開

今日のリサーチ:デジタルマーケターの転職、約7割が「ミドル層」の採用ニーズを実感――ウィンスリー調べ

デジタルマーケティング専門人材会社のウィンスリーは、デジタルマーケターの転職におけるインサイト調査を実施しました。

[ITmedia マーケティング]

 広告・デジタルマーケティング業界に特化した人材会社のウィンスリーは、同社サービスの登録者を対象にデジタルマーケターの転職におけるインサイト調査を実施しました。今回は、35〜49歳のミドル層に絞ったレポートを公開しています。

 今回調査の対象となった人の83.3%は国内の大手・上場企業に勤務しており、業種は広告系・コンサルティング・Web系事業会社に分かれました。職種は営業からプロデューサー、コンサルタント、マーケター、プランナー、データアナリストやクリエイティブなど比較的多岐にわたります。職位は66%が部門責任者、残り33%もリーダー職と、マネジメントクラスが中心です。年収のボリュームゾーンは500〜799万円、800万円以上も約3割いる一方で、500万円以下は1人もいませんでした。

「転職して待遇がよくなった」が66.7%

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading