ニュース
» 2018年06月28日 21時00分 公開

大規模消費者パネルネットワークを活用した高精度のターゲティングが可能に:ソネット・メディア・ネットワークス、DSP「Logicad」とD&M保有の消費者データを連携開始

ソネット・メディア・ネットワークスは、同社のDSP「Logicad」とディーアンドエムが保有する消費者パネルのデータ連携を開始した。

[ITmedia マーケティング]

関連キーワード

So-net | ネット広告 | アンケート | 調査


 ソネット・メディア・ネットワークスは、同社が提供するDSP「Logicad」において、ディーアンドエム(以下、D&M)が保有する消費者パネルデータとの連携を開始した。

 D&Mは月間アクティブユーザー数120万人を超える大規模な消費者パネルネットワークへのアンケートを通じて、性別、居住地、商品・サービスの保有や使用経験の他、情緒的なデータなど、ユーザーに属するデータベースを構築している。保有する属性項目数は最大2000に達しており、より緻密かつ精度の高いターゲティングが可能となる。

データ連携・広告配信イメージ データ連携・広告配信イメージ《クリックで拡大》

 以下は、主なターゲティング例だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading