ニュース
» 2018年05月01日 15時00分 公開

WPPグループ持ち株を取得:電通、電通ヤング・アンド・ルビカムと電通ワンダーマンを完全子会社化

電通は、WWPグループとの国内における合弁会社である電通ヤング・アンド・ルビカムと電通ワンダーマンの2社について、それぞれのWPPグループの持ち株を取得し、完全子会社化すると発表した。

[ITmedia マーケティング]

関連キーワード

電通 | 会社 | 子会社化 | 社名変更


 電通は2018年5月1日、WWPグループとの国内における合弁会社である電通ヤング・アンド・ルビカム(以下、DY&R)および電通ワンダーマン(以下、DW)の2社について、WPPグループの持ち分(49%)である株式を取得し、完全子会社化すると発表した。一方で、同じく国内の合弁会社である電通サドラー・アンド・ヘネシーの同社持分(51%)と、東アジア・東南アジア5カ国・地域に展開しているDY&Rネットワーク各社(シンガポール、タイ、マレーシア、台湾、ベトナム)の同社持分株式をそれぞれWPPグループに譲渡することで合意した。

2社の新社名は?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading