ニュース
» 2018年02月15日 17時30分 公開

セキュリティもさらに強化:「TREASURE CDP」、見込み客の特定を機械学習で自動化する新機能を追加

トレジャーデータは、同社が提供するカスタマーデータプラットフォーム「TREASURE CDP」に、予測リードスコアリング機能を追加したと発表した。

[織茂洋介,ITmedia マーケティング]

 トレジャーデータは2018年2月14日、事業戦略に関する記者向けの発表会を実施。本社である米Treasure Data創業者でCEO(最高経営責任者)の芳川裕誠氏とCTO(最高技術責任者)の太田一樹氏、日本法人のトレジャーデータ代表取締役社長である三橋秀行氏が登壇し、同社の事業戦略およびカスタマーデータプラットフォーム「TREASURE CDP」の製品アップデートについて説明した。

 トレジャーデータは、企業が抱える顧客の行動データや属性データなどを統合して分析可能にするカスタマーデータプラットフォーム(CDP)を提供している。TREASURE CDPは従来のDMP(データマネジメントプラットフォーム)をより進化させ、多様なデータソースを生データのまま、期間の定めなく大量に保管し、活用できるようにするものだ。

芳川裕誠氏

 同社の強みとして芳川氏は、開発力と商品力、エコシステムの3つを挙げる。

 「ログデータ収集ツール『Fluentd』や機械学習ライブラリ『Hivemall』などのOSS(オープンソースソフトウェア)を提供し、世界的な標準ツールとして広く使われている。また、即時利用可能で高速かつ柔軟な分析ツールをクラウドサービスとして提供している。さらに、100を超える外部サービスとのデータ連携を開発不要で実現している。デジタルトランスフォーメーションで既存ビジネスを駆逐する企業に共通するのは、データを活用したパーソナライゼーション。GoogleやFacebookのようなデータ基盤を持たない大手企業がこれを進めようとするとき、パートナーとして見てほしいのがレジャーデータだ。120兆件に上るデータを基盤に、データ解析の領域において十分な競争力を提供できる」(芳川氏)

 トレジャーデータにとって、エンタープライズ向け用途は現在の注力分野だ。セキュリティやコンプライアンス対応など、大手企業ほど要件は複雑になる。また、ID統合など、デジタルマーケティングにおける課題を柔軟に解決する必要もある。その上で、新たなる挑戦を可能にするような機能を強化していくのが、トレジャーデータの描くロードマップだ。

予測リードスコアリングと新たなセキュリティプログラム

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading